20180124

コンクリートの廊下と下敷きに張った天地真理のシール。




あれは小学校4-5年なのだろうか?
1年先輩に天地真理のシールを貰った覚えがある。
いや。ただの下敷きだったか。
それがはじめてのアイドルを
意識した感じだろうか?

その先輩というのは
男子である。
ただそれは先輩として「やるよ」的なものだろう
それはさらに「やるから応援しろ!」的な
半強制的なものだったと記憶する。
そう言う時代だ。その時、思い出すのは
旧理科室と5年生で使う平屋の棟と
その棟の前にあるコンクリートの廊下を、
なぜか思い出す。
現在は 「友情」「秩序」「奉仕」タイル碑(10/02/15ブログ)がある
約10メートルばかりのコンクリーブロックの花壇だ。
1970-1年頃に出来たのだろうか。
それは天地真理全盛の時代だ。

5-6年のプレハブ校舎と旧校舎のアクセスする
屋根付きコンクリートの廊下にそってその花壇がある。
その一部はこれまたコンクリートで作られた、
山と川のジオラマ(メイン写真)。
これは野外の理科の教材である。
じつはその野外の教材は
雑草に隠れているが、
現在もどっこ残っている。

当時の天地真理の月収は1千万円。
大卒初任給が4万円の時代だ。
とにかく当時は天地真理なのだ。
選択の余地はない。
それ以降個人的な天地真理ブームがやってくる。
平凡、明星というのもの存在を知るのもその頃だ。
20年後まの天地真理がそんなことにあるとは知らない時代だ。
天地真理の歌い方は独特で
鼻にかかるような口いっぱいに使った
上手いんだか下手なんだわかんない歌い方になる。
なので「水色の残された、影を追って〜」が
「水色の残された、ハゲを追って〜」になる。
それは中・高校生時代を音大で声楽を勉強した証なのだろう。
とにかくその声さえ虜になるのだ。
そしてなんといってもデビュー曲の
「水色の恋」。
この曲は当時流行ったポール&マリー系の楽曲だ、
1971年にデビューするのだが、
その前年1970年にヤング720の番組に
「ちいさい私」として歌っている。

http://www.youtube.com/watch?v=6RnMkwUzro0&feature=related

この時がMAXで歌が上手い。
デビュー前が一番歌が上手かった稀なタイプだ。

とにかく天地真理の月収は1千万円なのだ。 

0082
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「友情」「秩序」「奉仕」の碑の謎がとけていない。
ただ自分たちが作ったつもりで、そうでないお粗末な結果なようなきがするが
この卒業記念の思い出残しはいまだに釈然としない。
「タイムカプセル」「卒業記念樹」といい闇に葬られる運命なのだ。
2018/0124/1009

0 件のコメント: